トップバナーのsimカードくん

ソフトバンク回線も格安SIM LINEモバイル、mineo、nuroで使えるぞ!

格安SIMでもソフトバンク回線が使える会社が増えてきました。その中からLINEモバイル、mineo、nuroモバイルを比較して解説していきます。

先に結論を書きますが、1番安くソフトバンク回線が使える格安SIMはLINEモバイルです。しかもLINEモバイルのサービスの一部はデータ容量が消費しません。LINE利用者にはおすすめです。

mineoは最低利用期間がありません。気軽に格安SIMを試せる会社です。通信速度を変更してデータ容量を節約できる機能が唯一使えます。

nuroモバイルは10分かけ放題が一番安いです。利用希望の方はLINEモバイルと比較してみてください。欠点は解約金が高いことです。

それでは、ここからは詳しく解説していきます。

料金は税抜表示です。

2020年1月9日確認

目次

ソフトバンク回線の格安SIM比較

MVNO名 プラン名 容量 月額
LINEモバイル フリープラン 1GB 1,200円
LINEモバイル コミュニケーションフリー 3GB 1,690円
LINEモバイル コミュニケーションフリー 5GB 2,220円
LINEモバイル コミュニケーションフリー 7GB 2,880円
LINEモバイル コミュニケーションフリー 10GB 3,220円
mineo - 500MB 1,750円
mineo - 3GB 1,950円
mineo - 6GB 2,630円
mineo - 10GB 3,570円
mineo - 20GB 5,030円
mineo - 30GB 6,950円
nuroモバイル - 2GB 1,680円
nuroモバイル - 7GB 2,800円
nuroモバイル - 13GB 3,680円

ソフトバンク回線で1番安く使えるのはLINEモバイルのフリープランです。データ容量が1GBと少ないですが、LINEの一部のサービス(画像やトークなど)がデータフリーで利用できます。1ギガから減らないということです。

LINEアプリをメインで使う人なら安いしおすすめなプランになります。

次に3GBクラスを見てみましょう。ここでもLINEモバイルが安いことがわかります。コミュニケーションフリーはSNS(LINE、Twitter、Facebook、Instagram)の一部データが消費せず利用できます。

mineoは1,950円と高めで、nuroモバイルは2GBで1,680円になります。

その次の7GBクラスでnuroモバイルが逆転。ここから上のデータ容量は離れて比較しづらいですが、良い価格勝負かなと思えます。

mineoはコスパが悪いので不利ですが、大きい容量のプランがあるので、いっぱい使いたい人は検討してみましょう。

\最新のキャンペーン情報は公式で確認!/

LINEモバイル mineo nuroモバイル

今度はかけ放題の料金を見ながら解説します。

10分かけ放題は料金差がある!

各社のかけ放題の料金を確認してみるとバラバラなのがわかります。データ容量だけみた場合はLINEモバイルが安かったですが、かけ放題の料金は1番高くなっています。

当然ですが、かけ放題はオプションなので必要のない人は料金が掛かりません。

さてさて、通常の料金にかけ放題の料金を加算するとどれくらいになるのか計算してみます。

MVNO名 容量 月額(かけ放題込)
LINEモバイル 1GB 2,080円
LINEモバイル 3GB 2,570円
LINEモバイル 5GB 3,100円
LINEモバイル 7GB 3,760円
LINEモバイル 10GB 4,100円
mineo 500MB 2,600円
mineo 3GB 2,800円
mineo 6GB 3,480円
mineo 10GB 4,420円
mineo 20GB 5,880円
mineo 30GB 7,800円
nuroモバイル 2GB 2,480円
nuroモバイル 7GB 3,600円
nuroモバイル 13GB 4,480円

1番安くても2,000円は掛かります。

かけ放題の料金込みでもLINEモバイルが1番安くソフトバンクの回線網で利用できます。

LINEモバイルなどの速度はどうなの?評判・口コミ

次は速度について比較していきます。どの会社もソフトバンク回線を利用してサービスを提供しているので差はありません。

しかし、契約者1人あたりにどれくらいの帯域を割当てるかは格安SIM会社次第になります。

初心者向けにわかりやすく言えば、1つの水道管を何人で使うのか?をイメージしてください。使う人数が多ければチョロチョロとしか水が出てきません。

SNSで速度の口コミを見ると、LINEモバイルが好評のようです。

mineoは昔ほど速度が出なくなった報告が目立ちます。

nuroモバイルは遅い報告が多くおすすめしづらいのが現状です。

次に低速通信について解説します。

契約データ容量を超過すると通信速度が低速になります。3社とも上り下り最大200Kbpsになってしまい、大きな画像や動画を見ることが難しくなります。

nuroモバイルは、低速でも使いすぎるとさらに速度が低下するので注意です。

それから、表の下の段「高速低速切替」ですが、これはmineoだけが対応しています。この機能があると低速に切り替えればデータ容量が減らなくなり節約ができます。

前述の料金の話のときにmineoは2社と比べて高いと解説しましたが、なぜ高いのかというと切替機能があるためなのです。

このメリットを消費者がどう思うのか?

LINEモバイルの3GB+かけ放題の料金と比べると、mineoは30円高いです。でも、mineoは高速低速切替ができます。反対にLINEモバイルだとSNSの一部のサービスではデータ容量が減らないです。

正直、こっちが良いです!とは書けません。自分のライフスタイルに合わせて選ぶべきでしょう。

契約前に知っておこう!解約金のこと

次は契約後の話になります。初めて格安SIMを使ってみたものの思っていたのとは違っていた。もうちょっと速度が欲しい。セールでスマホが安いので転出(MNP)したいなど思うことが出てくるかもしれません。

そんなときに必要になるかもしれないのが解約金です。

次の表は3社の解約金(違約金)になります。

2019年10月1日からLINEモバイルとmineoは法改正の影響で解約金の変更をしました。

LINEモバイルは最低利用期間が12ヶ月ですが、解約金1,000円となり入会しやすくなったのではないでしょうか。mineoは最低利用期間を撤廃して凄いです。

nuroモバイルは残念ですが解約金の変更はありませんでした。

電話番号を維持したい方へアドバイス

ドコモやau、ソフトバンクなどからMNP(転出)すれば電話番号を引き継げます。

では、いつまで以前のSIMカードが使えるか?というと「利用開始手続き」するまで利用が可能です。そのため電話が不通になって困ることはありません。

何らかの事情により利用開始手続きをしなかったとしても、格安SIMの会社によってはSIMカードが到着した数日後に自動で利用開始手続きがされます。

SoftBank回線の格安SIMまとめ

冒頭にも書きましたが、LINEアプリをよく使う人ならLINEモバイルのフリープラン1GBが安くすみます。速さの評判もよくおすすめです。

mineoは解約金がいらないので入会しやすさがあります。他より少し高いですが、低速で使えば契約容量より多く利用できます。自社サイトのマイネ王で気軽に相談できるのもメリットです。

nuroモバイルはトータルで見ると他の2社に劣る印象です。

\最新のキャンペーン情報は公式で確認!/

LINEモバイル mineo nuroモバイル

以上、「ソフトバンク回線も格安SIM LINEモバイル、mineo、nuroで使えるぞ!」でした。

目次